損害保険とその適用

テクノロジー03企業では、受託者から依頼された荷物を破損させてしまったり、紛失してしまった時に賠償金をカバーすることができる「受託者賠償責任保険」に加入しているところが多いのではないでしょうか。
荷物の破損や紛失だけではなく、納期が遅れたりした場合などでも、受託者に損害を賠償するよう請求をされる場合があります。損害賠償とは、違法な行為などによって損害を受けた時に、その原因を作った側が損害を埋め合わせることを言います。この埋め合わせは、主に金銭などによって行われます。
受託者賠償責任保険で、保険金が支払われるのは、法律上で損害の賠償責任に基づいた賠償金や、裁判費用や弁護士費用などの訴訟にかかる費用などです。
一方、保険金が支払われないケースもあります。例えば、地震や洪水などの天災によって生じた事故や、故意に起こした事故、受託物を預けた人に引き渡してから30日が経過した後に発見された損害、受託物の原因不明の数量不足に起因する損害などです。この他にも細かく規定されているので、保険金が支払われるケースにあたるかどうかは保険会社に確認する必要と良いでしょう。この保険は、加入時に保険の予想される最高額を支払い限度額として加入者が決めることになっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。