損害保険とその適用

車の事故というものは誰しも起こりうる事態です。
もし起こしてしまった場合、動転して頭が回らない、ということにならないために
事前に基本的な知識を仕入れておきましょう。
通常修復暦のある車は、それだけで査定額、下取り価格が下落します。この損害を格落ち損、評価損といいます。現代では修復技術も向上し、完璧に直ったといえる車でも、心情的な評価が入り、低い評価をされてしまうのです。
格落ち分を任意保険で損害賠償請求すればよいのでは、とお考えになるでしょうが、なかなか保険会社に認められにくいのが現状です。格落ち分の実際の金額の算定が難しいことも理由の一つです。先程述べたように、心情的な評価が入っていることもあり、修理で対応可能なケースは格落ち損が認められない場合がほとんどです。とはいえ、ケースバイケースですから、車やご自身の加入保険の担当者に確認することは決して無駄ではありません。
では、保険適用されるのはどのようなものでしょうか。
車が使用できない時は、タクシーを利用したり、毎日車が必要な人はレンタカーを借りなければならなくなります。その利用料金を請求することは可能です。
気をつけていただきたいのは、代車を利用する場合です。加入の任意保険によっては、利用の必要性が認められなければ適用になりません。自身での判断が難しい場合は担当者に確認するのがよいでしょう。
起きてしまったものは取り返しがつきません。それでも被害を最小限にする知識はあって困ることはありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。