損害保険とその適用

テクノロジー02信号や渋滞で停車中に後ろから車に追突され鞭打ちになったという事は、車社会である現在誰にでもおこりうる事です。時間とともに良くなるはずの鞭打ちの症状がいっこうに良くならず、時がたつにつれて症状が悪化症状が改善されない場合、脳脊髄液減少症になっているケースがあります。この病気になると、ブラッドパッチという治療が必要になりますが、現在健康保険適応ではありません。なので検査や治療に莫大な費用がかかります。入院も必要で、通院も長時間要します。患者の経済的な負担はとても大きいです。そこで加入している生命保険や損害保険に保険金を請求しようと考えると思いますが健康保険で認められていない保険の場合、支払われないケースがあるので、保健に加入する時は注意が必要です。追突事の相手側も健康保険が認められていないという理由に支払いを拒否するケースもあります。ブラッドパッチ治療は近年先進医療として認められましたが先進医療の場合も、支払われない保険もあります。特に昔生命保険に入って一度も見直しをしていないという場合は今一度見直しをする必要があるかもしれません。最近では先進医療も対象になるという保険も新しく出てきています。保険に加入する時は健康保険適応でない治療や、先進医療についての治療についても十分納得した上で加入する事が重要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。