損害保険とその適用

自分で修理した場合は、費用が不明確なので、請求しても認められない可能性が高いですが、自動車工場で行った場合はその工場側が修理前後の記録をとるのと、費用明細がしっかり取られているため、事後請求であっても認められる可能性は高いです。車両保険には一般保険タイプと車対車プラスAタイプがあり、一般保険タイプの場合は、自損事故であっても保険を使用できることになっているため、このような事例で問題になることがあるかもしれません。しかし、車対車プラスAの場合は、事故相手が存在する交通事故の場合に適用されるため、自動車工場へ持ち込んだ段階で、工場側が状況を確認するため、保険会社へ全く連絡せずに工事を開始したりすることはないと思われます。
ということで、一般的には想定する問題はないものと考えられます。ただし、ひき逃げ車両を秘匿して直そうとか、不正に保険金を詐取しようとして架空の工事を実施するといった犯罪に近いことが行われる場合は、当然のことながら保険会社はそのようなことがないかを慎重に調査することになります。よって、黙って直すということは可能、不可能に関わらず、通常の場合は行われないものと思いますし、お勧めできないということになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。